« 4日目 戦争障害児刺繍とハロン湾観光 | トップページ

2011.01.16

5日目 買い物 と マッサージ・打上パーティ

5日目の最後の日は買い物と街の散策、ボディーマッサージ、そして打上パーティ。

3日間お世話になったSilkPathホテルは、SilkpathDscf0116旧市街の便利なところに位置する今年3月にオープンしたばかりの四つ星ホテル。 少々狭い感じはしたが、二人部屋を一人料金でお世話になったので、幹事さまには感謝感謝。 

この日はゆっくり朝10時に出立、そしてコーヒー店で眼を覚ました後、ChoDongXuan(ドンスアン)市場へ行った。 Dscf0150は食料品や日用品雑貨がメインで2階は衣料品が中心。 ホーチミン市のベンタイン市場と同様、観光客をしつこく勧誘することはない。 ベトナムのお土産のトップ10は、Tシャツ、ナプキン、陶器、アオザイ(ベトナム民族衣装)、織物(手工芸品)、コーヒー、漆器工芸品、アクセサリー、版画、竹細工、籐細工などなど。 おじさん達はコーヒー、食料品を購入していたようだった。

Dscf0146

Dscf0147_2

ボアンキエム湖の北に広がる旧市街、その北部にあるハノイ最大のマーケットである。 1階

ドンスアン市場のところでベトナムのお巡りさんを見たが、余り見かけない。 凶悪犯罪は少ないようで、日本に殺人事件が多いのはなぜなのかと、ベトナム人に問われたという人がいた。 しかし、スリ、ぼったくりは多いようで、一人での行動は危険だという。

Dscf0155

昼食は例によって「フォー」のお店へ。 フォーの美味しい食べ方は、いろいろな具や調味料を入れてアレンジし、香草や唐辛子、味噌タレを入れて食べる。 そして一緒につけられているライムを搾って食べる。 われわれは醤油の濃い、ラーメンとか日本そばに慣れているので、薄味にちょっともの足りなさを感じた。加える調味料が少なかったのかも知れないが。

Dscf0140_2

旅行の最後はボディーマッサージ(SPAセンター)。 蒸し風呂に入って身体を清めた後、全身に油を塗ってのマッサージ。 20歳前後の女性が、手脚の指先から肩・背中・腿、全身を強く押してくれて実に気持ちが良い。 ベトナムならではの癒しのエステということだが、2時間、ひとり2800円、本当にすっきり、ベトナム旅行を清められた。

Dscf0160 Dscf0165

そして最後の晩餐は伝統的ベトナム料理店(TRUC BAC)で鍋料理。 日本料理的雰囲気、いたれりつくせりのアレンジであった。 ご一行様は一瞬たりとも話がとまらない賑やかなみなさんだった。 Dscf0170写真左から、HOA校長先生、トムさん、タムさん、フタミ、ドラマーホッタさん、エーパン、トヨさん、おっちゃん、サブちゃん、本編集者のコー、そしてお世話になったホリさん。 トムさんと漫才コンビであった、ジャズシンガーのヨウちゃんはこの晩マレーシアへ先発してしまって不在。 トムさん、ようちゃんの博学漫才に、エーパン、サブちゃんが加わって、また周りもところどころ口をはさんで、賑やかな賑やかな御一行さまであった。

ベトナムにヨー(ベトナム語で乾杯)!!!

  そしてベトナム最後の夜は、キエム湖の夜景を眺めながら走ってのカラオケくらぶ。 またまた、マタマタからおけくらぶ。 こちらで応援歌2~3曲を歌い、和を深めあった。 またみんなでベトナム・・・へ来ようと。 本当にホリさん、有り難うございました。

Dscf0173

Dscf0174

« 4日目 戦争障害児刺繍とハロン湾観光 | トップページ

ベトナム料理」カテゴリの記事

コメント

YKさま

ベトナム旅行記 素敵なショットから、如何に楽しかったか解りますね。良き学友に恵まれて幸せですね。

この記事へのコメントは終了しました。

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 5日目 買い物 と マッサージ・打上パーティ:

« 4日目 戦争障害児刺繍とハロン湾観光 | トップページ

無料ブログはココログ