« 3日目 ホーチミン廟とHOAさんの学校で敬礼 | トップページ | 5日目 買い物 と マッサージ・打上パーティ »

2011.01.16

4日目 戦争障害児刺繍とハロン湾観光

4日目は刺繍のショッピングとハロン湾観光。

ハノイから240Km、4時間かけてハロン湾へ。 ハノイの北東、中国との国境付近にある。 左へ行けば中国とのガイドもあった。 途中高速道路もあって、自転車、バイクも通行していた。 高速道路で驚いたのは、向こうからの車がこちら対向車線に入って車を追い越してくる。 恐ろしいったらない。 中央分離帯のない高速道路には肝が冷えた。 ベトナム旅行には保険をたっぷりかけて来てもらう必要があると、伝えたい。

ハロン湾へ向う途中、トイレ休憩を兼ねて刺繍工房兼みやげ物店に立ち寄った。 

Photo_36

Photo_37

ホンゴック人道支援センターというところで、40年前のベトナム戦争で使われた枯葉剤の影響で身体になんらかの障害をもった大勢の少女達が刺繍品を作っている。 どの子もみただけではわからぬ程度の障害ではあるが、大勢で黙々と励んでいる姿を見ると頭が下がる。 小さなもの、大きなものいろいろと、とても素敵な刺繍がたくさん出来ていた。 わたしもひとつ購入したが、このような施設のあることが世界中に報じられ、彼女達の未来が開けたらなと思いつつあとにした。

そしていよいよ ベトナムの随一の景勝地ハロン湾に到着。

ハロン湾は全長120Kmのところに2000近くもの島がある。 

Photo_38

その島々が中国の桂林のように切り立った高い岩壁でできており、絶景この上ないといったところ。 世界遺産である。 到着してまず驚いたのが、船の数の多さ。 「ジャンク船」と呼ばれる船が200隻以上あるという。 さながら赤壁の戦いを思わせる、船の多さ、船の色、形に圧巻。 そして大きな大きなチャーター船にわれら団体さんは貸切で乗り込んだ。 1時間ほどゆくと、海の桂林といった島々が両手に見られるようになるが、Photo_39その途中スピードで航行する船に、小さな船(写真参照)が寄って来て横付けされ、小さな小さな女の子がこちらの船に乗せられ、われわれに果物を売り出す。 交通ルールも航行ルールもあったものではないが、少女は可哀想だが可愛かった。

Photo_42

Photo_41

Photo_40

 

Photo_44

Photo_45

Photo_46

海の桂林は絶景、みな感動した。 石灰岩でできた尖った島々が林立。 そして1時間ほど行ったところで捕獲魚を泳がせている大きな生け簀のある島に上陸。 カブトガニ、サメなどいたが、そこで高級魚クエ釣り、船頭さんに調理してもらった(写真)。 船内での食事は、しゃこあり、クエあり、えびあり、イカありで、海の幸を満喫した。 クエのお値段は1,900,000ドン(9000円)であった。 船のチャーター料はそれよりも安いのに、贅沢食で堪能??  

Photo_48Photo_47

これらの島々のいくつかには鍾乳洞があった。そのひとつドラゴン鍾乳洞へ行った。 島の中全体が鍾乳洞になっているかのように鍾乳洞の天井は高い。 ライトアップされ幻想的だった。

5時間のクルーズの後またバスの旅。 夜遅くても、バスが長くても、みな元

Photo_51

Photo_52

気。 長時間バスの中、動く辞書さんが数人いて、ワイワイがやがや話しっ放し、楽しかった。 そしてその夜も、夜遅くまで、ジャズ喫茶、カラオケへ。 ジャズを歌う者、ドラムを叩ける者がいて、ジャズ喫茶では大勢の外人を前に、元気なサムライ達は燃えた。 写真は別会場でのその予行演習風景。

« 3日目 ホーチミン廟とHOAさんの学校で敬礼 | トップページ | 5日目 買い物 と マッサージ・打上パーティ »

ベトナム料理」カテゴリの記事

コメント

懐かしいベトナムの風景、食事を端のさせていただきました。

ハロン湾、鍾乳洞、マッサージ・・・・・楽しい思い出です。

ちびデブさん
コメント有り難うございます。
ちびデブさんのベトナム旅行のブログも拝見しました。
  http://slp80.cocolog-nifty.com/blog/2009/10/post-3dc7.html

この記事へのコメントは終了しました。

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 4日目 戦争障害児刺繍とハロン湾観光:

« 3日目 ホーチミン廟とHOAさんの学校で敬礼 | トップページ | 5日目 買い物 と マッサージ・打上パーティ »

無料ブログはココログ